行き遅れBBA(ババア)って言ってもまだ34歳で爆乳でデカ尻でパツパツスーツなんでヌケますよww

行き遅れBBA(ババア)と言っても・・・

ムチムチの爆乳とデカ尻を
パツパツのタイトスーツにねじ込んで
色気ムンムンなので普通にヌケますww

↓ ↓ ↓

行き遅れBBAの無料試し読みは、BookLive!コミックで!
スマホで気軽に無料試し読みできます♪

 

古くから異性の好みに関して自分なりの事を言うと論争が起きる事を以前なら感じていて、現に昔、友人らと異性に対する好みに関して論争を何回か展開し、ついこの間も友人との呑みの席で自分が入った会社に気になる女性の話をし、それは後に出てくる34歳の爆乳行き遅れBBAの女主任の事だが、個人的に年上女性が好きなのはある種のお姉ちゃんが欲しかったという願望もあったと思うが、それを友人に言ったところ`そんな行き遅れBBA(ババア)やめとけ!仮に結婚してもお前より先に死ぬぞ!…´と罵詈雑言を並びまくる有り様だったが、しかし、爆乳行き遅れBBAの女主任とは研修中から仲良くなり、ある日の2人だけの飲み会をし、かなり飲みすぎてしまい、爆乳行き遅れBBAの女主任が終電を逃してしまった事やその飲み会をした場所から自分の家が近かったため泊めた時、酔った勢いでおしかけて強引に行為に及んだ事があったが、本当の事を言えば、一般的には許されざる行為であるが、何故か爆乳行き遅れBBAの女主任は`大人しいと思ったら男らしいんだね。´と喜んでいた上、それをきっかけに仲良くなった。

これ以降、会社内外関係なく会っては交わる事を楽しんだが、正直、誰もいないオフィスフロアでならまだしも(常識を考慮したら駄目だが…)、倉庫・非常階段・屋上といった普段は来なさそうで来られて見られたら、一巻の終わりの様なところでも誘ってくるのは勘弁してほしいと思っているが、ある日、出社せずにそのまま営業先周るという事があり、その営業先を向う途中の満員電車での事、勤め先から離れたところでもあったのである程度の乗らなければならなかったが、2人でいる時からかなり甘えん坊傾向もあり、案の定、混んでいる電車内でも離れずに近くにいたが、この日はやたら体をグイグイ押し当ててきて、多分、冗談半分もあったと思うが、怪しまれない様にさりげなく乳房を押し当ててきたが、交わっていく回数を重ねていくにつれて彼女の性感帯を覚えたが、特に乳首が弱く、時間に経つにつれて息が荒くなっていく事に気づき、耳元で`どうしたの?´爆乳行き遅れBBAの女主任に聞くと自分の耳元で´もう我慢できない…`と返したので`トイレ?´と聞き返すとまた小声で`エッチしたい…。´と言い出した。自分はすかさず小声で`ダメだよ!営業先行かなきゃ!´と説得したが、`エッチしたい…。´の一点張りで苦肉の策で小声で`(最初に行く営業先の最寄り駅)まで我慢して!あと降りる際は体調不良な感じを演じて。´と彼女に伝え、目的の駅に降り、体調不良の爆乳行き遅れBBAの女主任を介助している様な感じで駅にある多目的トイレを見つけて2人で入り、施錠した途端、爆乳行き遅れBBAの女主任は抱きしめてながら耳元で`わがまま聞いてくれてありがとう´と言い、そのまま彼女を落ち着かせる意味で行為に移ったが、駅にある多目的トイレは長時間施錠すると非常事態も考慮して30分後に開けられる事もあるので手短に終える事にしたが、彼女からすれば満足感を得られるか?という不安だったが、いざ決めようと`最後、中に出していい?´と伝えると`今日、危険日なの…でも欲しい!´と返したので、そのまま中で果てた…。振り返ると正味10数分で終えたが、内容としては愛情の無い中出しだったが、彼女の顔は満足感を得ていた。行為を終えると急いで乱れた服装を調えると何もなかった様に多目的トイレを出て、そのまま営業先に向かったが、その道中に爆乳行き遅れBBAの女主任から`(営業先周りが)終わったらまたエッチしてね。´と言われたので営業先周りが終わった後、直帰をして2人でホテルへ行ったのは言うまでもない…。

3ヶ月に渡る長い新入社員研修も無事終わり、7月にようやく職場に配属されました。私の部署は新人の面倒を1人の先輩が受け持つ風習があり、本来は3年目くらいの人がつくのですが、人手不足ということで主任の女性(34歳)が面倒を見てくれることになりました。その行き遅れBBAの主任とは4月の入社式後にも一度会っていたので覚えていたのですが、そのとき履いておられたベージュのパンストがとても似合う素晴らしい美脚の持ち主だったのです。中学生の頃から脚フェチだった私は研修期間中もたまにその時見た主任の脚を思い出しながらトイレでヌイていました。配属されたその日も主任はベージュのパンストを履いてくれていました。引力で吸い込まれそうになる気持ちを抑えてその日は無事仕事を定時で終えました。帰ろうとすると主任が私を呼ぶ声が聞こえました。『ちょっと会議室に来て』。初日から何かやらかしてしまったんだろうかと不安に包まれながらも初めて入る会議室に向かいました。そう広くない部屋には他に誰もおらず、私と主任だけです。変な雰囲気だなと思いながらも、ふと近距離に居る主任の香水と体臭の混ざったメスの匂いを感じてしまったのです。不覚にもそこで勃起してしまった私は悟られないよう主任から背を向けました。すると主任は後ろから私の股間に手を伸ばしてきたのです。頭が真っ白になりました。私のすぐ前に会議に使う机と椅子があったので無意識にそこに座ろうとすると、主任も屈んで机の下に潜り込んだのです。しゃがんだ主任の濃紺のタイトスカートからはみ出た白いパンティがベージュのパンスト越しにくっきり見えました。脳に電流が走ったと思った瞬間、あろうことか私のいきり勃った息子を口に含んだのです。すごく温かくて、全てを吸い取られるような瞬間でした。これが三十路女性の持つ母性か…真っ赤になった亀頭をチュパチュパと卑猥な音を立てながら激しく吸引されました。恥ずかしながら1分くらいで果ててしまいました。それも主任の口の中で…。

会社の行き遅れBBAと二人きりの出張。普段から叱られてばかりの俺は二人きりという状況に不安ではあったものの、実は行き遅れBBAの体をずっとエロい目で見ていたことから、出張に合わせて着ているタイトスカートのスーツスタイルに内心興奮していました。行き遅れBBAの機嫌を損ねないようにゴマを擦りまくり、なんとかお得意先の接待まで終わらせて1日が終了。接待した店から宿泊するホテルまでは電車で30分ほど。電車はもう終電になっていて、金曜の夜だからか混み合う路線だからかどの車両も満員乗車で、酔った頭でこれに乗って帰るのは面倒だなぁなんて考えていました。チラッと行き遅れBBAを見ると、いつものキツイ目つきとは打って変わって、酒が入ったせいかトロンとした表情に火照った頬。爆乳のせいではちきれそうになっているシャツのボタンがいつも以上に苦しそうでした。

さて、いざ満員電車に乗ると、後ろからまだまだ乗車する客がなだれ込み一気に向こうの壁まで押しつぶされます。うわぁBBAとこんなに至近距離でいるのは気まずいなぁ…と思いつつも、ここはやはり男が女を守らないといけないのだろうと思い、行き遅れBBAを壁際にして向かい合う形で立ちました。後ろからはおしくらまんじゅうのように押され、僕の体には…BBAのまんじゅうのようなまん丸い爆乳が押し付けられ…。更に押し付けられることによって谷間が丸見えになり、はっきり言って勃起するまでに時間はかかりませんでした。BBAにバレたら殺される、なんとかおさまってくれ下半身と思いながら視線をそらして違うことを考えたりするものの、こんなに至近距離にいるとBBAの吐息が首筋に当たって意識せざるを得ません。早く駅に着いてくれ、おれを解放してくれ…!そう思った瞬間、こともあろうか電車は大きくガタン!と揺れてしまったのです。それに乗じてBBAの大事な部分あたりに押し付けられてしまった、俺の硬くなった下半身。一気に背中が冷たくなりました。BBAにセクハラで訴えられたらどうしよう、俺の会社員人生終わった…!と、思っていたのですが。なにかがおかしい。そう、BBAの動きがおかしいのです。どう考えてもこれは、行き遅れBBAが自らの足で俺の股間を刺激しているのです!まさかこれは誘っているのか?いや、俺はいつもBBAに叱られてばかり、嫌われている!そう自分に言い聞かせるものの、BBAの足は止まりません。それどころかグイグイ爆乳を押し付けてきて、最終的には股間部分を手で撫で回す始末。これはどう考えても誘ってきているとしか思えませんでした。しかも触り方がエロすぎて俺の股間は更にギンギンになり爆発しそうに。されるがままになって固まっているうちに電車は目的地に到着。何事もなかったかのように電車を降りるBBAの後ろを、鞄で前を隠しながらついていきます。ああ気まずい、でもこれで終わりはさみしいなぁ、なんて思いながら改札を出て、人気のない公園を歩きながらホテルへの道を歩いていました。すると突然BBAは俺の手を引き、なんと公園の公衆トイレへ。まさか、まさか!?と思いながらも二人で多目的トイレに入り、鍵をかけたところで…。「挿れたい?」行き遅れBBAがスーツのスカートをめくりあげ、するするとストッキングとパンツを同時におろし、俺の方に尻を向けて洗面台に手をつきました。俺は何も言わずに急いでズボンを下ろし、我慢汁がダラダラ垂れているペニスをズボッと挿入。BBAのまんこはとっくに大洪水で、好きなだけピストンさせてもらい、ずっとわしづかみにしたいと思っていた爆乳は掴みたい放題。最終的に安全日だからということで中出しでのフィニッシュとなりました。

昨今、好景気と言いながら現実ではその実感がないという有り様で希望の企業に入れるかと言われたら希望業種ではなく、異業種からの求職人が多いという現実というがある今日この頃であるが、自分自身も泣く泣く、希望職種ではない会社に入社したものの、世の中捨てたものじゃないと実感している。勤めている会社には年上の34歳の爆乳行き遅れBBAの女主任がいる。自分との年齢差を考えたら年の離れたお姉ちゃんというよりはBBA(ババア)と言われかねない事だが、会社内ではバレない様に密かに付き合っているが、この事は友人に明かしたところ`そんな行き遅れBBA(ババア)のどこがいいんだ?と言われる有り様だったが、友人は年上女性の包容力・魅力が分からないだけと思う。ある日、1人誰もいないフロアで残業をしていると爆乳行き遅れBBAの女主任が`お疲れ様。頑張っているね!と言いやってきた。研修では自分の補助担当で付きっきり業務に関して教えてくれた上、好みの女性だったので研修だったものの、ある意味夢の時間にも感じていたが、研修を終えてふた月経ったが、最近は何かつまらなささえ感じていたところに研修終了以来の再会だった。残業を片付けなければならなかったが、爆乳行き遅れBBAの女主任に業務に関して悩みを打ち明け、それを聞いてもらったが、正直、新人の悩みなんてキャリアを重ねた人間からすれば`大した事ではない。で片付けられてしまう不安があったが、親身に聞いてくれてとても嬉しかった。最後に恋の悩みで`好きになったが、会えなくなってしまい、悶々とした日々を送っていてどうすればいいですか?打ち明けた。すると爆乳行き遅れBBAの女主任は`そういう時は思いを相手にぶつけるのよ!と教えてくれ、自分は`アドバイスありがとうございます!とお礼を言ったが、続けざまに`もしかして、私だったりして?と茶目っ気な感じで言われ、すかさず自分は顔を赤くさせながら、`そうです…と答えた。2人にちょっとした沈黙が流れたが、しばらくして爆乳行き遅れBBAの女主任が抱きしめてくれ、`いつから気になっていたの?と聞かれ`研修中からです…と答えると`やっぱりそうだったんだ。甘えん坊さんだね…。でも、私も研修が終わってから欲してたんだよ…と流れで`(イスに)座ってと座らされ、爆乳行き遅れBBAの女主任はかがみながら自分のズボンを下ろして`2人だけの秘め事をしようとさらけ出さされた一物をしゃぶりだした。この時、自分は人生初のフェラをしてもらったが、爆乳行き遅れBBAの女主任の舌テク・やさしさと温もりで一物包むヨダレが快楽へ導いてくれていたが、初めてだったのですぐに果ててしまい、何だか申し訳ない気持ちだったが、爆乳行き遅れBBAの女主任は口に溢れ出た白い蜜を嫌がらずに飲んでくれた上、`大丈夫だよ。初めてだったんだよね?それより、ごちそうさまと言ってくれ、自分はお礼と言わんばかりの激しいキスをしたが、その流れで行為に及んだ事は言うまでもないが、これをきっかけに爆乳行き遅れBBAの女主任と急接近し、2人の間では年を離れた姉弟みたいな関係で呼び合う様になり、付き合うにつれてお姉ちゃん(爆乳行き遅れBBAの女主任)はショタの性癖があったので交わる時は甘えさせてくれ、反対に甘えてくる事もあるので、夢の様な日々が再び続いている…。

昔から年上女性が好きで、`年上女性の魅力は…と話が合う人間と遭遇した事が無く、むしろ話をしようとするなら煙たがれた感を感じていたが、後々考えたら、正直、同世代なら理解に苦しむと言われても仕方がないとも感じているが、好きになった34歳の爆乳行き遅れBBAの女主任の話をつい最近、友人との飲みの席で話したら、案の定`また始まった…と言われ、最終的には`そんな行き遅れBBA(ババア)はの何処がいいんだ?見る目無さ過ぎだろ!と言われる始末だった。確かに、年齢差を考えたらそのような言われ方されるのは許さない反面、認めざるおえない面でもあると感じたが、それでも男女関係では関係ないと思っていた。爆乳行き遅れBBAの女主任は研修中の担当者であった事がきっかけで仲良くなったのだか、基本的に昼食時、一緒に外へ食べに行く位しかの関係しかなく、それ以外の発展もなかったが、ある日の昼食時、意を決して飲みに行く約束をこぎ着けたが、その日まで緊張が収まる事はなかった。飲みに行く当日、仕事終わりに自分がよく行く居酒屋へ行ったが、やたら話が進んだ分、お酒も進んだ。終電の時間が過ぎてしまったので爆乳行き遅れBBAの女主任はタクシーで帰ろうとしていたが、明日は休みであったのと爆乳行き遅れBBAの女主任も予定がなかった事もあり、`家近いんで泊まって行きませんか?と誘った。すると爆乳行き遅れBBAの女主任は躊躇する事もなく`いいの?と賛同してくれたが、正直、下心はあった…。家に着くと玄関口で酔った勢いでおしかけて強引にキスをした。すると爆乳行き遅れBBAの女主任は`何してるの~?とちょっと冗談半分な感じだったが、あまりにもしつこくしたので`いい加減にして!と怒られ、自分は我に帰って`すみません…と謝った。爆乳行き遅れBBAの女主任は起き上がると`冗談でやっていい事と悪い事の定めをしないとダメでしょ?と言ってきたが、自分はすかさず`すみません…でも、前から(爆乳行き遅れBBAの女主任)さんの事が好きだったんです!と意を決して言った。すると`そんな冗談、言っちゃダメでしょ?と小さい子供の躾の様な感じで言われたが、`冗談じゃないです!と叫び、その流れで`沢村さんはやさしくて包容力と魅力に魅了され、自分の理想の女性で好きである事を伝えたく、嫌われる覚悟で今日の日を設けたんです!と真剣に伝えた。すると真っ直ぐな田中くんの事、嫌いになるわけないでしょ。`と言い、続けて`でも、こんな年増女でもいいの?と顔を見ると目には少し涙を溜め、`こんなに女として見てくれた男性は久々だから嬉しい…と泣きそうになったので自分はすかさず`女の人が泣いている姿を見たくないので…と言い抱きしめ、やさしくキスをした。しばらくして2人でシャワーを浴びつつ体をまるで小さい時の様に洗い合いをした。シャワーを浴び終えるとベッドへ向かい、爆乳行き遅れBBAの女主任は貸したタオルで胸から秘部付近まで隠していたが、`見て。と言い、全てをさらけ出し、今まで隠れていた豊満な体が全てをさらけ出した姿を見た時、何か神社仏閣の秘仏に遭遇した様に豊満な裸を拝みたくなったが、意を決してさらけ出してくれたのに拝むだけではいささか無礼極まりないと思い、乳房をやさしく撫でがいしつつ、キスをし、しばらくした後に指を彼女の秘部に当てがうと泉の如く蜜が溢れ出ていて指で掻き回した。彼女が気持ちよくなったのを見計らい、指に付いた蜜を舐めると蜜はとても美味しく、直舐めしたかったので秘部口を当てがい溢れ出てきた蜜を飲み干し、彼女も自分の一物を味わってくれた。その後、いろんな体位を楽しみつつ、興奮が覚める事はなく彼女から`中出しで逝こう!と一晩中何度も交わり続け、彼女の中に白い蜜を放ち続けて愛を深めた…。

年上女性には包容力と魅力がある…`というのは個人的見解でもあるが、元を辿れば一人っ子というのもあり、友人に姉がいる人間と関わっていたという事もあり、ある種の憧れが膨らんでそのような性癖に落ち着いた様にも思考しているが、入社した会社には気になる34歳の爆乳行き遅れBBAの女主任がいる。見た目は体つきが豊満…というよりはムチムチな上、巨乳の持ち主でもあり、さらに性格もとてもやさしいと個人的には申し分ない理想の女性でもあったが、この事を友人らに言うと`そんな行き遅れBBA(ババア)、女として終わってる´と吐き捨てられてしまったが、個人的に`服で隠されている部分を見たい…´という思いを募らせていった。ある日、一人誰もいないオフィスフロアで残業をこなしていると`お疲れ様、残業?´と言いながら爆乳行き遅れBBAの女主任がやってきた。入社した会社では上司が付きっきりで研修する事が行われており、残念ながら爆乳行き遅れBBAの女主任は同期の担当者で自分ではなかったが、研修の終盤位から親しくなった事をきっかけに現在に至るという具合で、時々、心配してか声をかけてもらっているが、今回、1対1で向き合う自体初めてだったので妙な緊張に包まれていた…。ちょっと沈黙の後、爆乳行き遅れBBAの女主任が微笑みながら`どうしたの?緊張して。´と言われ、`すっ、すみません、(爆乳行き遅れBBAの女主任)さんの顔を見て見とれてしまい…。´と返すと`若いのにお世辞が上手ね。´と言われたが、`いや、お世辞じゃないです!´とちょっとムキになってしまい、その流れで`(爆乳行き遅れBBAの女主任)さんの事が親しくなった時から好きです!付き合ってもらえませんか?´というと爆乳行き遅れBBAの女主任は待ってました!と言わんばかりな雰囲気でちょっと頬を赤くさせながら`私も好きだったよ!そんな思いでいてくれてありがとう!´と自分を抱きしめてくれ、そのまま2人でキスをしだしたが、途中で爆乳行き遅れBBAの女主任は`まだ残業残ってるの?´と聞かれ`はい。´と答えると`じゃ、片付けないと!´と言われてションボリしてしまったが、また爆乳行き遅れBBAの女主任は微笑みながら`かわいい。でも、私もエッチな事もしたいけど守衛さんが巡回してるし、ちょっとスリルを味わいたいから…´と言いながら、突然、イスに座らされた上、爆乳行き遅れBBAの女主任はデスク下に潜んだ後、自分のズボンを下ろすや否や目の前に出てきた一物をしゃぶりだした。自分は正直、突然の事で動揺し、手が付けられない状態だったが、爆乳行き遅れBBAの女主任は`○○くんは残業を片付けなさい!´と叱り、再び一物をしゃぶりだしたが、やはりこんなんでは事が片付く事はなく、寧ろ、股間の方に気が散ってしまうが、何とかこなしながらやって途中、守衛と何度も訪ねられてはやり過ごしていた(後で聞いたら爆乳行き遅れBBAの女主任はやり取りを楽しんでいてそのタイミングで一物の先端を責められていた…)が、爆乳行き遅れBBAの女主任の口と舌テクで何度も逝かされながらもなんとか残業を片付ける事が出来た。残業を終えると全ての疲労感でヘロヘロになってしまっていたが、爆乳行き遅れBBAの女主任の口周りはよだれといやらしい蜜だらけになっていて、自分がティッシュで拭った後、お礼代わりにキスをした。その後、2人で退社した後、本格的に一戦交えるためホテルへ向かったのは言うまでもない…。