ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして|チンジャオ娘さん2019最新作のネタバレ!

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
第1話 雪の降る夜に出会った少女はパスタを食べたことが無いと言った
 
陰鬱な展開から始まったのでまず、そこでブラウザを閉じかけました。 最近は暴力や陵辱を題材にした作品が非常に多く、またこういう系か、と拒否反応が出かりました。 ヒロインの境遇を示すための短い暴行シーンなら冒頭からバッサリと削除して、 主人公との出会いの後にでヒロインの回想で描くのはどうかな、と思いました。 直後に主人公が優しさを見せる場面が入れば、冒頭の印象や全体の雰囲気も変わるのではないかな、と思います。 そして何より気になるのがヒロインの体型変化についてです。サンプルではあっさりと痩せ体型から豊満体型に変化しており、 加えて痩せ体型が性的な魅力を感じづらい描き方をされていた事が気になりました。 痩せ体型でのセックスシーンを描く気がないのか、そもそもこの作品は貧乳や痩せ体型は性的と見なしていないのかと不安になりました。 どの様な物に対しても性癖があり、好む人がいるので、変化というプロットを否定的な意味で用いず 性癖の増量というか、どちらも楽しめるための、一粒で二度美味しい物として用いて頂けたら嬉しいな、と思います。 むちむち体型のヒロインは実に性的で好きです。スパゲッティをパクついてる姿も小動物の様に愛らしく、 イチャラブ物として期待できる雰囲気だったので応援したいです。頑張って下さい。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
 
▽▽▽道で拾ったガリガリ娘がヌイてくれた❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
第2話 触れれば壊れそうな身体と穴で男の欲望を受け止める少女
 
  試し読みのみを読んだ感想としては、正直ムラっと興奮するというよりは、ちょっといい話!?のように感じた。無事に優しい彼に保護されて良かった良かったという感じ。ストーリーとうかアイディアは面白いですね。ガリガリに痩せ細っている女の子が、どんどん巨乳でムチムチボディになっていく様はいいですね!ムチムチ好きの男は多いですからね~。それにしてもこの彼、浦島太郎バリに助けてラッキーな思いしてるね。本当にうらやまし~オレが助けたかった~と、作品に入り込んじゃうのもこれの魅力かな。  かわいそうなこのムチムチ美女には、愛のあるSEXを教えてあげたいね。そんなSEXしたことないだろうから、新鮮でかなり感じちゃうはず。爆乳を揺らしながらイク姿を眺めたい。もちろんそのためにデンマやバイブを駆使してね。SEXのあとあえて食事を作っても、食べる余裕ないぐらいヘトヘトにさせたい。そして「もうあなたのチンポなきゃ無理!」って感じに調教。あと、もちろんオレも完全な善人じゃないから、たまには奉仕してもらいたいね。大きなオッパイで挟んでもらってパイズリは絶対してもらう。そしてそのまま射精して、顔や胸を飛んだ精子だらけにさせたいね。そしたらそのまま拭かせずに散歩させようかなー。ってオレも悪人か!?

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
第3話 温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜
 
ヒロインの生い立ちや第一印象から真っ先に感じたのは、幸薄く気の毒な生活を送っており、彼女が笑えるようになればいいな、ということ。 主人公は保護したヒロインにパスタを振る舞うが、ガリガリに痩せ細るまで虐待された彼女を目の前にすれば料理を食べさせたくなるのは必定というもので、私でもそうするだろうとまずは主人公の行動に深く共感した。 幸せから遠ざかっているヒロインには、私ならば喜んで笑顔を見せて欲しいと思うので、例えばショッピングモールで買い物デートをしながら、彼女が手にしたこともない可愛いアクセサリーでおしゃれをさせてあげたり、彼女がきっと今まで目にしたことのないであろう景色を見せに旅行に連れ出してあげたり出来たら、彼女の心が潤うにつれて、新しい表情を見せてくれるのではないか、と期待してしまう。 本作はアダルトコミックの特性上、主人公と彼に心身を預けてくれるムチムチの年下ヒロインとの甘やかな交歓が中心になっていくのだろうと推測されるが、例えば私が妄想したように、ヒロインと心通わせていく日々というものにスポットライトが当てられてもいい。 そんな風に、ただの肉体関係だけでなく、ヒロインの心からの笑顔を見られるような描写に期待したくなる作品だと感じた。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
 
▽▽▽パスタをごちそうした代わりにご奉仕してくれるガリガリ娘❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
第4話 仕事から帰ると美少女が出迎えてセックスさせてくれる生活
 
最初読んだときは、今話題になっている少女虐待系の話かなとも思いました。 主人公(男)が料理が趣味という部分で、ちょっと感情移入が入りました(趣味が同じ)。 本来、このお話のように、道端で少女を拾って帰っては犯罪とは思いますが、それは漫画の中。許されることです。虐待を受けていた少女を保護しているわけですから、その点については、いいことをしていると思いますし。実際、ちょっとうらやましいシチュエーションです。 虐待を受けていたからでしょうが、少女がとても強気な印象を受けますが、男性の施しを受け、どんな風に変化していくのか楽しみな作品です。 極端な考えで、体でその施しのお返しをするという流れのようですが、感情も芽生えるでしょうし、今後どのような手でお返ししていくのか楽しみです。基本、体(エッチな行為)でのお返しになるとは思うのですが、そのシチュエーションについても、一緒にお風呂に入って、そこでやっちゃうとか、寝起きのエッチとか色々想像が膨らみます。 そこに加えて、体型がガリガリからムチムチに変化していくようですので、同じプレイでもやること、できることが変わっていくのだと思いますし、1人で2度おいしいというお得感もあるでしょう。 こんな立場になったら、1日中裸族生活で、いつでもイチャイチャしながら(エッチの)スタンバイOK状態という夢のような生活ができそうです。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
第5話 Fカップに成長したオッパイで恩返しご奉仕してくれる巨乳少女
 

独身の一人暮らしでお金があるのであれば、拉致監禁されていた女性を預かって自分のものにしてみたいという欲求は確かにあります。現実的にはそれをするためには多くの障害がありますが、漫画という媒体だから、そうした妄想ができるのだなとよく分からない楽しい気分になります。 そして、ガリガリ娘からムチムチ美女になる過程で、体でご奉仕をしてくれるようですが、自分がご奉仕される立場ならば、まずはガリガリ娘の体をじっくり楽しみたいです。あまり痩せすぎている女性は好みではないですが、痩せすぎから少しふっくらした体型のあたりが個人的には好みですので、その辺りが一番楽しめるかもしれません。 とは言え、巨乳が嫌いなわけではありません。それどころか、どちらかと言えば巨乳は好きです。ムチムチ美女になったらとりあえずは、パイずりをしてもらいたいです。世の中の男の多くは巨乳の女性にパイずりをしてもらいたいという、欲求を持っていると思います。 AV女優ではどちらかというと、ムチムチ体型の女性が多いので、アダルト動画のような展開を期待してしまいます。そしてそのあとは、ぽっちゃり体型になると思うのですが、ぽっちゃり体型の許容範囲は個人的には微妙なところです。太り過ぎずの体型が自分としては楽しめそうです。
 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
 
▽▽▽道で拾ったガリガリ娘がムッチリ美女へと大変身❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
第6話 抱き心地抜群のふっくらボディに育った少女はもっと男を喜ばせたくて
 

ガリガリ娘→ムチムチ美女 元々はガリガリで全く裕福ではないような環境で奴隷の様な生活を送っていた彼女だからこそ、優しくされるたびに奉仕をしなくてはならないという考えがあり男の方は真っ当な人間そうな感じがするのでそれを最初は断っていた、けどムチムチ美女になっていくうちに男の方も我慢できなくなり奉仕を受けるという感じがいいです。 眠りから目がさめるとムチムチ美女がかってに奉仕をしていて止まらなくなっていってそのまま中出しまで行ってしまう、 そこから逆に毎晩ムチムチ美女の方から求めてくるようになり毎日エロい生活を送っていく。 男の方も独身という設定だったので最初はすごく優しそうで料理もうまいいい男だったみたいですが、実はムチムチにさせたのもその人の計画通りで、自分のペットとして最初から飼うつもりで育て上げ、自分好みに少しずつ育て上げてそのうち性奴隷のようになっていき様々なすごいプレイをするようになる展開はエロいとおもいます。 でもそのムチムチ美女もどんどん綺麗になっていき近所や学校?会社?で美人とか出来る女として有名になっていくが家ではエロペットのようになっていくというのも憧れます。個人的にはボコボコにされて逃げ出してたどり着いた家なのでそこで痛い目に合わせると可哀想になってしまうかなとおもいます。